キーボード(QWERTY)入力とフリック入力の変更方法


  このエントリーをはてなブックマークに追加    

そもそもフリック入力やトグル入力、キーボード(QWERTY)入力とはなんじゃらホイと言う方のために、

フリック入力    
フリック入力というのがあ行の場所を上にずらすと「う」が表示されるように、
フリックして文字を入力していく方式。
キーボード(QWERTY)入力というのはその名の通り、PCのキーボード配列のこと。
トグル入力というのはフリック入力ベースで、
「あ」を4回タップすると「え」が表示されるようなケータイ入力のことです。
トグル入力は設定画面でチェックを入れる(消す)ことでオン/オフが可能です。


   
変更方法は、何か入力できる箇所で左下の(文字 あA1)の箇所を長押することで変更ができます。


なお、設定→言語とキーボード→iWnn IMEからはもっと詳細な設定が可能です。
表示させる文字を大きくしたりバイブのオン/オフをしたりといろいろと出来ますので
好みに合わせて設定してください。

ちなみに自動スペース入力は英単語入力後に自動的に半角スペースが入る機能です。
僕は基本的にスペースは自分で入れるタイプなので、この辺も好みに応じて調整してみてくださいね。




PR